高卒認定 科目

高卒認定の科目とは

高卒認定の科目について理解しておきましょう。
教科数は6教科でそのうち8科目を受験します。

 

最初に、高卒認定の科目について説明します。
国語・地理歴史・公民・数学・理科・外国語の6つになります。

 

必ず受験しなければならないのが国語、
地理歴史は世界史と日本史か地理を必ず受験します。

 

公民は現代社会だけ、もしくはそれに加えて、
倫理及び政治・経済を必ず受験することになります。

 

数学で必須なのは数学T、
理科は理科総合・物理I・化学I・生物I・地学Iの中から、
2科目を受験、外国語は英語が必須科目となります。

 

公民で現代社会じゃなく、
倫理と政治・経済を選んだ場合は9科目、
それ以外は8科目を受験するようになります。

 

必須科目になっているものは、例え簡単だと思っても、
一度は過去の問題集で自分の学力を確認した後に、
勉強する時間を考えたほうがいいでしょう。

 

全体の中で点数が低くてもいい、という教科はありません。
それぞれ全ての教科で合格点を取る必要があります。

 

試験の解答はマークシートで実施されますが、
国語の漢字、英語の単語に関しては、
筆記できるように暗記しておくことが大切です。

 

また、選択肢も2択のように簡単ではなく、4〜5択です。
高卒認定を考えているときは、
どの科目を受けるのかを決めておきましょう。

 

例を挙げると、地理歴史の中で日本史を受験するのか、
地理にするのかによっても勉強方法が違ってきます。

 

不得手な科目があるとしても、
高卒認定で絶対受けなければならないものは、
必ず勉強しないといけません。

 

ですから早々にどのような予定で勉強していくのかを、
しっかりと計画しておいたほうがいいですね。